結婚の時に必要なドレスとリングについての覚書

二次会ドレスで二次会を飾る

結婚式の二次会については、披露宴の後に行われるものですが、最近大規模な人数を呼ぶ披露宴が少なくなっており、二次会にて初めて招待される人もいます。ですから、新婦にとって二次会ドレスは重要なものになっています。二次会ドレスは、二次会のドレスとして新しいものを購入、着用するという方法と、結婚式や披露宴で着用したウェディングドレスやカラードレスを着用するという方法があります。披露宴で着用したものを、二次会ドレスとして着用する場合は、介添えの人がいませんので比較的動きやすいドレスにすることや、返却の時間や返却する方法、持ち出し料金についても確認しておくことが必要です。新しいものを購入する場合は、予算や動きやすさも考慮します。

現在の二次会には、披露宴に招待されていない人も二次会に招待されますので、初めて新郎新婦を目にする人もいます。ですから、ウェディングドレスやカラードレスなど、一目で新婦とわかるような格好にすることによって、ゲストの方にとっても記念になります。披露宴で着用したウェディングドレスやカラードレスを二次会ドレスとして着用する場合は、披露宴と同じ会場もしくは提携しているところで二次会を行うことで、新たな二次会ドレスを購入する必要がないなどといった費用や手間が削減できるというメリットがあります。さらには、二次会ドレスとして新しいものを購入する場合、インターネットサイトなどではドレスを安く購入することができます。